幸運を招く、心を落ち着かせる、お守りになるなどパワーストーンには様々な力が秘められていることが知られています。身につけることによりそれらの力が発揮されることは知られていますが、それ以外にも様々な楽しみ方ができるようになっています。
ここでは様々な身につけ方と飾り方、それ以外の活用法について紹介します。スピリチュアルなパワーにとどまらず様々な色合いや模様が美しいため、体の様々な部位に身につけてアクセサリーとして楽しめる他、インテリアとしても楽しめます。
更に種類や色以外にも、身につける部位によって得られる効果が変わってくるためそれをふまえることでその良さを十分に発揮できる物となります。また飾るだけでなく、お風呂に入れるなどしてパワーを得られるということもあります。

身につける部位によって変わる効果

パワーストーンは身につけることで幸運をもたらす、お守りになるなどの効果が得られることが知られています。更にネックレスやブレスレット、ピアスやイヤリングなど身につける部位によっても得られる効果が変わる物となります。
例えばネックレスの場合、不安を取り除きたい場合や活力が欲しい場合に効果を発揮する他、自己アピールが上手になりたいという時にも向いています。この他、ブレスレットの場合には利き腕に身につけることで魅力が引き出される一方で、反対の腕であれば直感力が冴えるようになります。更にピアスやイヤリングは判断力が高まる、運を呼び込む、内面的な美しさを得られるなどの効果が得られます。
石だけでなくそれぞれの部位の意味も知ることでアクセサリー選びがより楽しくなります。

インテリアでの飾り方とそれ以外の活用法

アクセサリーとして身につける以外にも、パワーストーンはインテリアとして楽しむ他、お風呂に入れるなど様々な楽しみ方があります。飾り方としては石をそのままじかに置くと安定が悪いため、専用の台や座布団などを用意してその上に置くようにします。
置く場所により得られる効果が変わり、例えば水晶を玄関に置くことで外からのマイナスのエネルギーを跳ね返せるようになります。またキッチンに水晶を置くことで集中力が高まり効率よく作業ができるようになる他、アメジストを寝室に置くことで寝ている間に気が整えられるようになります。
更に飾るだけでなくお風呂に水晶を入れた状態で入浴することでお湯が柔らかくなり石の持つパワーも得られるようになります。またメイクをする時にローズクオーツと自分が一緒に鏡に映り込むようにすることで、内面の魅力がより引き出されるようになります。